大人になってから乾燥肌になった、乾燥状態が強くなったという方は少なくありません。
中には若い頃はテカテカが強い脂性肌だったものの、大人になってから粉を吹くほどの極端な乾燥肌になったという方もいらっしゃる事でしょう。

なぜ乾燥肌が強くなるのかと言うと、天然の潤い成分がどんどん減少してしまうからです。
例えばセラミドやヒアルロン酸などが挙げられますが、これらの成分は加齢によって減少していきます。その為、年齢を重ねるごとに乾燥状態が強くなっていくのは自然な事とも言えます。

しかし、その他の原因でより乾燥が加速してしまう事もあります。
乾燥を加速させる原因としては不規則な生活が挙げられます。
食事内容に偏りがあったり睡眠をしっかりと取らないなどのマイナス要素があると、お肌の細胞がどんどん衰えてしまい、潤いを作り出す力も弱くなってしまうのです。
その為、生活に乱れがある場合ですと、通常よりもお肌の衰えが強くなりますので、同世代の方と比較すると肌年齢の高い状態になってしまう事もあります。

ただ、乾燥肌になってしまった場合でも適切な対策を行えば改善できる可能性があります。
日々のお肌のお手入れを乾燥肌化粧水を使ってきちんと行ったり、生活を改める事によって潤いのあるお肌になる事は十分に可能です。